家庭で当たり前のように行っているむだ毛処理。その方法についてまとめました。

1.カミソリや電気シェーバーを使う
短時間で広範囲のむだ毛しょりができるため、急場しのぎには最適です。しかしそるときに皮膚の表面もわずかずつ削り取られるので肌を傷め、黒ずみの原因となります。特に逆ぞりは毛穴を傷つけてしまいます。

2.毛抜きを使う
処理が簡単で、見た目もすっきりしますが、むだ毛を1本1本抜くので時間がかかります。また抜くときに痛みを伴います。

3.ワックスや脱毛テープを使う
広い面積のむだ毛を処理できますが、無理にはがすため、はがすときに皮膚表面の角質まではがれることがあります。皮膚トラブルの原因にも!

4.除毛クリームを使う
毛根がアルカリに弱い性質を利用し、ケラチンをとかして脱毛する仕組みです。毛根からの除去ではなく、見えている部分の処理にとどまります。すぐ生えてきます。

5.家庭用脱毛器を使う
高周波を流し、毛根にダメージを与える方法や針を挿入して通電した後に抜く方法などがあります。さまざまなタイプの脱毛器がある上、素人が使用するため、効果が確実とはいえません。家庭用ではケノンがサロン仕様に最も近いものですが、出力が抑えられているので、効果が出るのに回数も時間もかかります。またノーノーヘアは数ミリ生やした毛を焼く
タイプなので予想以上に時間がかかります。

 

専用サロンが安くてお手頃です。ただ横になっていればプロが処理してくれますから(^^♪
千葉の全身脱毛