ムダ毛処理の方法や肌質によって肌トラブルは千差万別

家庭で当たり前のように行っているむだ毛処理。その方法とメリットのデメリットについてまとめました。

1.カミソリや電気シェーバーを使う
短時間で広範囲のむだ毛処理ができるため、急場しのぎには最適です。しかしそるときに皮膚の表面もわずかずつ削り取られるので肌を傷めます。肌がガサガサしたり、黒ずみの原因となります。炎症を起こして毛嚢炎になることも……。特に逆ぞりは毛穴を傷つけてしまいます。

2.毛抜きを使う
処理が簡単で、見た目もすっきりしますが、むだ毛を1本1本抜くので時間がかかります。また抜くときに痛みを伴います。無理に抜くので毛穴がトリ肌のようにブツブツすることがあります。うまく抜けずに途中で切れると、皮膚の表面に出ないまま、内側で渦巻き状に伸びて、埋没毛となってしまうことも。

3.ワックスや脱毛テープを使う
広い面積のむだ毛を一気に処理できますが、無理にはがすため、はがすときに皮膚表面の角質まではがれることがあります。ワックスが熱いとヤケドします。また途中で切れると毛抜き同様に埋没毛になることがあります!

4.除毛クリームを使う
安く痛みを伴わずに脱毛できます。毛根がアルカリに弱い性質を利用し、ケラチンをとかして脱毛する仕組みです。毛根からの除去ではなく、見えている部分の処理にとどまります。すぐ生えてきます。アレルギーなどのトラブルを引き起こすおそれがありますからパッチテストが必要です。毛が残っても、刺激が強いので連続使用は肌が耐えられません。

5.家庭用脱毛器を使う
自分のペースで脱毛できるのが最大のメリット。周波を流し、毛根にダメージを与える方法や針を挿入して通電した後に抜く方法などがあります。さまざまなタイプの脱毛器がある上、素人が使用するため、効果が確実とはいえません。家庭用ではケノンがサロン仕様に最も近いものですが、出力が抑えられているので、効果が出るのに回数も時間もかかります。またノーノーヘアは数ミリ生やした毛を焼くタイプなので予想以上に時間がかかります。機器を適切に使用しないと、脱毛効果が十分に得られません。また操作を誤ると毛穴や皮膚に毛嚢炎や色素沈着などのトラブルを起こします。

電気シェーバー

 

など自宅でのムダ毛処理は予想外に時間もお金もかかる上に、肌トラブルというリスクも伴います。

 

家庭での自己処理は自分都合で行えるという最大のメリットはありますが、それにかかる時間と手間と仕上がりを天秤にかけて考える必要があるでしょう。しかも半永久的に継続処理しなければなりません。

 

千葉に限らず脱毛専用サロンが安くてお手頃。最近は医療脱毛も、手の届きそうな費用になってきましたし、プロにお任せするのも一案です。ただ横になっているだけでエステ込みの処理をしてくれますから(^^♪
千葉の全身脱毛

家庭用脱毛器ノーノーヘア、ケノン、トリア、ソイエの体験談

ノーノーヘア使ってみました

40代女性 K.Aさん

自他ともに認める剛毛です。
サロンに行く時間もないので気軽に出来る家庭用脱毛器を探していました。
どれを見てもお手軽な値段ではなかったのですが<NO!NO!HAIR>は家電量販店に売られていて少し頑張れば手の届く価格だったので下調べなどせずに衝動買いしました。
地肌を傷つけずに毛のみを焼き切るものです。
自己処理を繰り返していたので肌はボロボロガサガサだったので漠然といいかもと思いました。
いざ使ってみると私のようなフサフサな長い毛を処理するのには向いていないようです。
せっかく買ったのだから…と最初は頑張っていたのですが、時間がかかります。
キレイに剃ってしまうと毛がないため脱毛器を使用している意味がなくなるような商品でした。
そして何よりの欠点は使用している時のニオイです。
毛を焼いているので部屋中に焦げ臭いニオイが充満するのです。
ACアダプターなので風呂場でも使用できません。
焦げて処理した毛が床にハラハラと落ちるのもイヤでした。
本体は気軽に購入できるのにすぐ交換しなければならないカートリッジは店頭に売っていなくてネットでの購入になります。
カートリッジだけでも結構な値段がするので頼まないまま使用しなくなりました。

 

ケノンを使わなくなった理由

20代女性 U.Oさん

私は、昔から肌が弱く敏感肌でした。
その為、無駄毛処理をするのも一苦労。学生の頃はカミソリでやっていましたが、そうすると肌が負けてしまい痒くなてっていました。そればかりか、やり続ける事で赤みが出たり黒ずんだりと肌がどんどん汚くなってしまいました。
そこで、悩んだ結果家庭用の脱毛器を購入しました。
カミソリに比べ肌への負担が少ない事から、私のような敏感肌でも比較的使いやすく続けることが出来ました。
しかし、カミソリと比べ処理後の毛が目立つように感じる事もありました。
肌への負担が少ないのでしょうがないとは思いつつも、やはりもっときれいにしたいと思っていました。
そこで、私は次にサロンでの脱毛を体験しました。
はじめのうちは、あまり効果は見られなかったので家庭用の脱毛器も併用していました。しかし、回数を重ねるごとに段々と効果が出てきて自宅での処理の回数も大幅に減らす事が出来ました。
自宅での処理の回数が減ってきた為、今は殆ど家庭用脱毛器を使用していません。
カミソリなどと比べると、大変良かったですがやはりサロンの脱毛の方が効果が高く肌への負担も少ない事から私にはそちらの方が向いていると感じました。
その為、今現在は使っていません。

 

トリアは私にはダメでした

30代 S.Rさん

初めのうちは痛みがつらかったので、照射のレベルを1や2で続けていたのですが、ほとんど脱毛効果がありませんでした。しだいに痛みにも慣れてきたので、だんだんレベル3や4で照射できるようになってきて、ようやく脱毛効果を感じることができました。
がしかし、自分は痛みに耐えれても肌の方はそうでもないらしく、アフターケアをしっかりしても、数日後には赤みが出たり毛穴が膿んでしまったりすることがありました。脱毛効果の方もいったんはムダ毛が抜け落ちるのですが、1か月もするとまた生えてきてしまうので、気持ち的にがっかりしてしまいました。
長期的に見たら、ちょっとずつは毛量が減ってくるのかもしれませんが、そこまでの根気はなく挫折しかけていたところ、友人が脱毛サロンに通って完全にキレイになったという話を聞いて、思い切って脱毛サロンに行ってみることにしました。実際、脱毛サロンに通ってみると、ベッドに横になっているだけで、自分では手が届かず処理できないところまで施術してもらえるところはやっぱり魅力的だとおもいました。また、家庭用脱毛器よりも効果が高く、赤みや膿が出ることはまずありませんでした。
確かに費用的な面では家庭用脱毛器の方が助かりますが、トータルで考えると脱毛サロンに通った方がいいのではないかと思います。

 

ソイエを愛用していましたが

30代 K.Sさん

10代の頃から手や足の毛の量が他人より多くとても悩んでいました。
結婚した時にパートナーからあなたは毛深いから脱毛するなどして見た目を良くしたほうがいいと、言われた事を考えました。
自分も以前から悩んでいたのでどうすればいいかなと奥さんに聞くと、以前から私が使っているものがあるからそれで試してみればと言われたのでお試し気分で使用してみました。
今まで毛深くて悩んで何もしていなかったこともありますが、初めての経験なのですごく不安で堪りませんでした。
まずは毛の少ない手の部分から始めてみました。
初めて使ったこともあり上手く出来ずパートナーに上手く出来ないからしてもらいました。
まず試してみて一言は毛が薄くなり凄く驚きました。
どうして今まで毛深くて悩んでいたのかと思うくらい感動しました。
その後毛のある部分を同様に試してみて毛が薄くなり満足しましたが、自分は何事にも継続してやるのが苦手で月に一回程度しかしなかったこともあり逆に効果だったのかなと感じました。
このような家庭用脱毛器は継続して使えば多少薄くなる効果はあると感じましたが完全に無くなるような効果は非常に薄いかと思い使用するのを止めてしまいましたがもっと簡単で効果的な物があれば使用してみたい。